Time is money~時は金なりという言葉から学ぶ時間の使い方

 

"時は金なり"だな~と再認識することがあったので、

今回は、ビジネスマインドについてお話していきます。

 

時は金なりの意味

 

西洋のことわざ「Time is money.」
時間は貴重なものであって、金銭と同じように大切で価値があるのだから、浪費するものではないという戒め。
時間は無駄に費やすものではなく、有効に使うべきである。

 

本来の意味としては、「時間を失うとその分だけ稼げる機会を損失する」ものだそうです。

 

例えば、時給1,000円の仕事を5時間すれば5,000円稼げるのに、何もせずダラダラ過ごしていると、

稼げるお金は0円ですが、この言葉ではマイナス5,000円とする考え方です。

俗に言う、機会損失(チャンスロス)です。

 

フリーランスの私にとっては、かなり心に刺さる言葉です。

稼いでいくには、この言葉は忘れてはいけない言葉だと思います。

 

時は金なりの例

 

時は金なりの例

時給1,000円で働いている倹約家のAさん

Aさんは、キャベツを買いにスーパーへ出かけました。

・スーパーB店(家から5分で1玉250円)
・スーパーC店(家から35分で1玉100円)

この2店舗が見つかり、Aさんは安いC店を選びました。

しかし、これは値段だけで選んだのであれば良い選択だったのでしょうか?

 

時間差で見てみると往復で60分です。

150円安いC店を選びましたが、時給1,000円で働いているAさんは60分あれば1,000円稼ぐ価値がありますし、

30分でも500円稼げたわけですから、C店に行くメリットは無かったわけです。

 

むしろ、お金も時間も損しているということになります。

 

 

 

また、私の実体験になりますが、

 

先日から数日間、パソコンの調子が非常に悪かったんです。

元々、ハイスピードで速度には申し分ないんですが、最近は動きがとても重くて、

いつも10分で終わる仕事が50分もかかってしまいました。

 

早急に、改善する方法を調べて、不要だったデータを削除して軽くしたことで

今はもう改善されましたが、単純に40分損しただけでなく、

直す方法を調べる時間、取り組む時間、これがなければ他のことが出来たことを

考えると、40分で稼げるお金の損失だけではありません。

 

これも日ごろ、データを削除するメンテナンスをしていれば、

このようなことはなかったのですから、大きな機会損失でした・・・

 

もう少し、自分の時間の価値を高めていきたいと思います。

 

時間は有限である。お金で時間を買おう!

 

お金の使い方としては、遠方に行くときにバスではなくて、新幹線や飛行機を使ったり、

ロボット掃除機を買ったり、ハイスペックのパソコンを購入することで、

時間の節約が出来ますし、疲れやストレスなども解消してくれます。

 

ビジネスをしようと考えているのであれば、

 

時間を売ってお金を稼ぐ(節約)するのではなく、

お金を払って時間を買いましょう。

おすすめの記事