ネットビジネスのコンサルで失敗しないために見分けるポイントまとめ

 

今のブログを始めて10ヵ月が経ちました。

コツコツと更新を続けているのもあり、

このジャンルにしてはアクセスも増えてます。

 

そのおかげでLINE@やTwitterから多くの方から

ご連絡を頂き、PPCについての質問に回答したり、

時には人生相談に乗ったりなんかもしたりしています。

 

そこでよくあるのが、

「コンサルを受けて失敗した・・・」

という相談を受けることが多々あります。

 

  • こんな話は聞いてなかった
  • 連絡を無視られる
  • 比較的低額で内容は悪くはないがサポートはなかった
  • 短期間しか稼げなかった

 

これはPPCに限らずネットビジネスでの話です。

ネットビジネスというものは、まだまだ社会では

あまり良いイメージがないと思われています。

 

実際に、「クリックするだけ稼げる」「誰でも簡単に」「絶対」

といった言葉を使って未だに使用する人もいます。

 

上記のような書き方をしていなくとも、

コンサル内容のLPを見たりしていて、

さすがに誇張しすぎだろ!

 

と思うような訴求をしている人もいますが、

切羽詰まった環境の人や本当にお金に困っている人は

これで稼げるかもしれないと思い"魔の手にかかる"

ケースが続出しているんだと思います。

 

また、ネットビジネス初心者の方も

こういう魔の手にかからないようにしてさらに

「この人だ!」と思える人を見つけるのは、

結構厳しいものだと思います。

 

そこで実際にコンサルタントでもある私が、

こういうコンサルタントは選ぶな!

という判断材料を解説していきます。

 

今後、ネットビジネスのコンサルを受けようかなと

考えられている方にとっては必見の内容です。

 

1#こんな人はダメ!ビジネスの展望を見据えられない

 

ビジネスの展望を見据えられてなかったり、

この先のことを考えられた発言が全くなく、

このビジネスは稼げる!こんな自由な生活をしています!

のゴリ押しをしている人から教わることは辞めておきましょう。

 

確かに稼げるのかもしれません。

 

 

しかし、

 

 

その方法は短期間しか通用しないことが多いでしょう。

 

 

3ヵ月で50万円だけ稼げる方法と

毎月10万円稼げる方法だと

どっちがいいですか?ってことです。

 

 

というのも変化の激しいネットビジネスの世界で、

先を見据えられないということは、変化があった時に

全く対応が出来なくなる未来が見えています。

 

 

私は、まだPPCを始めたばかりの時に、

2018年4月の大幅規約変更で、

大ダメージを受けて、この業界で生き抜くには

先を見据えスキルを上げていくことしかないと

思ったからこそ上述のような人はダメだなと思います。

 

2#こんな人はダメ!文章力がない人

 

とくにアフィリエイトでコンサルしている人が

そもそも文章能力がないっていうのは

致命的なことだと思いませんか??

 

あとはやたらと「www」を使っている人とかは、

単純に信用という面でもあまり出来ませんよね。

 

文章を誰が見ても読みやすいように、

書くことが出来ないもしくは、

誤魔化しているのでコンサル自体も

雑な対応になるケースは多いでしょう。

 

 

また、会話の中でも「www」とかを使う可能性は高いはずです。

コンサルを受ける立場からすれば友達みたいな距離感で

教えられたくもないですよね・・・

 

受ける側の人間としては、真剣にやろうとしているのに

文章と同じようにコンサルも適当になると最悪です...

 

 

また、そういった言葉を多用するような人が作っている

コミュニティなどの集まりになると同レベルの人が

多くなる傾向は非常に高いと思いますよ。

 

若者のネットスラングの言葉なので、

そもそも40代以上の世代の人はなかなか

そういった言葉を多用するような人の所には

行かないはずだからです。

 

3#こんな人はダメ!起床(レスポンス)が遅い

 

ネットビジネスで稼げるようになると、

自由な時間が出来るからといって、

起床時間が昼とかに起きている人はダメです。

 

SNSでのんきに「今起きた~」みたいなこと言ってると

もうお察しだと思います。

普段の行動とかも信用に繋がると思うのに、

コンサルタントの立場でよくも何も考えずに

いられるな~と思いませんか?

 

また、単純に皆が起きている午前中に連絡しても

そもそも返事が返ってこないです。

 

また、午前中に変化が起きて

何か対策を取らないといけない場合に

教える本人自体が何もしていないので、

教わる方にとってはもっと対応が遅くなります。

 

レスポンスは超重要です。

レスポンスが悪い人がコンサルしちゃダメだと思います・・・

 

他の人より一歩も二歩も出遅れてしまうのは、

非常に痛いことだと思います。

 

特にアフィリエイトとなると、

何かが急に取り上げられたりすると、

急激にアクセスが急上昇することがあります。

 

この急上昇したタイミングに合わせることが出来れば、

爆発的に稼ぐことが可能です。

 

なので、単純に朝一で入ってくる情報を起床時間が

遅いせいで他の人よりも遅く情報を仕入れてるようでは

ダメだと思うからです。

 

 

そして、規模はかなり大きくなってしまうのですが、

実業家レベルになると決まって超早起きです。

有名なところで言うと、

スタバのCEOハワード・ショルツは4:30起床。

ツイッターの創始者ジャック・ドーシーは5:30起床。

 

中には少し遅めの方もいます。

Facebook創始者 マーク・ザッカ―バーグは

それでも8:00には起床しています。

 

単純に朝早く起きることで、誰にも邪魔されない時間を

作ることが出来る点と寝すぎて無駄な時間を消費する

ことを防ぐことも出来ます。

 

4#こんな人はダメ!ブランド商品をやたらアピールする

 

ブランド商品を買うことが悪いことじゃないのですが、

短期間で少し稼いだからといって、高額ブランド商品や

高級車、札束の写真をドヤァ!!と言わんばかりに

やたらとSNSにアップしている人です。

(いわゆる成金)

 

こういう人たちは自己顕示力が高すぎます。

あくまでの自分の経験上の話ですが、

こういう人は"自分を大きく見せたがるだけの小さい人"です。

 

そんな人にビジネスを教わりたいですか??

間違いなくやめておいた方がいいと思います。

 

同じお金を使うなら自己投資に使った方がいいですね。

長く成果を出している人、もしくは出そうとしている人は

自己投資に使いキャッシュポイントを増やす動きをされています。

 

5#こんな人はダメ!人に教える器でない

 

教育・指導ということを社会で経験していない人が、

そもそもビジネスで指導するのは結構難しいと思います。

 

人って色々な性格のタイプの人がいますから、

そのタイプに合わせて指導していかなければなりません。

 

 

例えば、「これは〇〇して××すればいい」と言われて

感覚的にやって覚えるタイプの人はそれで実践するでしょうが、

 

論理的な思考のタイプの人は、「なぜ〇〇して××する必要があるのか?」

という疑問が生じて、

その通りにやって結果が出たとしても、

疑問を解決出来ていないままだと非常にモヤモヤするはずです。

 

 

また、話し方にしても

結論から話す方が良いか過程から話す方が良いか

これも人によって分かれてくるはずです。

 

 

話すスピードなんかも相手に合わせた方が確実にいいです。

ゆっくりめに話す人にはゆっくりめに話すなどです。

みなさんも経験があると思うのですが、

自分と同じようなリズムで話す人って相性が良いですよね。

 

もし、自分が早口な傾向があるならゆっくり喋る人の

スピードだと少しストレスがあるでしょうし、

逆にゆっくり喋る傾向があるなら、早口の人の話だと

あまり伝わらないと思います。

 

 

ある程度、社会で人に教育・指導していない

(学んでいない)人の場合だと自分の主観だけで

説明される可能性が高いので、1人1人に合わせた

コンサルをするのは難しいでしょう。

 

 

まずは、コンサルタントとコンタクトを取って、

自分と合うか合わないかの判断をした方がいいです。

 

さいごに

 

当ブログはPPCアフィリエイト専門ブログのため、

PPCアフィリエイトのコンサルを受ける時の注意点を

下記の記事にもさらに詳しくまとめていますのでご確認ください。

 

おすすめの記事