【PPCアフィリエイト】自動入札機能について 入札単価の最適化~

 

今回は入札単価を調整する際の機能の

自動入札機能をご存知ですか??

 

手動で設定している人も多いと思うので

自動入札機能が参考になればと思います。

 

自動入札機能とは?

自動入札機能とは、その名の通りでGoogleが

自動的に入札単価を最適化してくれるのです。

 

だから、手動で毎日コツコツ設定していく必要もありません。

日々、キーワードの単価を考えながら

ポチポチ変更する手間、煩わしさからサヨナラです。

 

また、作業的にもPPCの広告出稿に専念するだけで

OKというわけなのです。非常に効率的ですね。

初心者からベテランの人にも向いている機能です。

 

自動入札機能の落とし穴

 

この機能は単価調整が分からない人だったり、

キャンペーン、広告グループの数が膨大にあり

メンテナンスが大変な人にメリットのある機能です。

 

目的に合わせて最適化してくれます。

 

  • 目標設定したCV単価でCV数を最大化
  • 目標設定した広告費用対効果でCV数を最大化
  • 予算内でクリック数を最大化

 

と言ったように目標に対して自動入札してくれるので

ただ、適当に設定しているわけではないので

手動で設定するより最適化出来る可能性も十分にあります

 

むしろAIはどんどん進化しているので自動入札の方が最適化

出来るんじゃないでしょうか?

 

 

しかし、

 

 

そんな便利な自動入札機能には落とし穴があります。

 

 

それは「最適化出来るまでに時間がかかる」という事です。

 

 

その期間は2~3週間程かかるとも言われています。

AIが学習していくまでにどうしても時間がかかっちゃうのです。

 

だから、2~3週間も運用してしまうと

最適化出来るまでに赤字、もしくは大赤字になる可能性だってあります

 

だから、新規出稿したばっかりの案件に対しては、

お任せするのは少し危険な方法なのです。

 

短期的な運用を任せるには向いていないものになります

長期的に動かす案件に対しては向いていると言えます。

 

今後は、自動入札オンリーになる可能性も?

 

 

クリック単価を手動で選択しようとすると、

赤枠の所に、"個別単価設定では掲載結果が低下する可能性があります。

自動入札で最適化してください"と注意されるんです。

 

自動入札機能を強く推奨しているようなので

いつかは自動入札機能しか使えなくなる可能性もあるのでは?

と考えています。

 

まとめ

 

Googleも推奨している機能ですので

既にデータが取れている案件などに関しては

設定してみるのも良いでしょう。

 

扱う案件数が多くて煩わしさを感じている人は

是非使ってみてはいかかでしょうか?

おすすめの記事