物販ビジネスと比較して分かったPPCアフィリエイトの凄さとは・・・

 

今回は、PPCアフィリエイトの凄さを他のビジネスと

比較して説明しようと思います!

 

というのも、今年はネット関連以外のビジネスにも

挑戦しようと思っていたところ、

知人から物販、転売ビジネスについて

聞く機会があったり、他のビジネスの情報収集を

していて分かったことがあったからです。

 

では、実際にどうPPCアフィリエイトが優れているのか

物販、転売ビジネスと比較しながらご覧ください。

 

また、何か副業をしてみたいと考えられている方も

ぜひ参考にしてみてください。

 

そもそも物販ビジネスとは?

 

物販ビジネス。それって転売じゃないの?

と思われがちですが、全く別のモノになります。

 

物販とは、独自の商品を販売することです。

 

それに対して転売は、既に商品化されたものを

仕入れ、何も加工することなく、

そのまま横流で販売することです。

 

実際はこういう線引きがあるので説明しましたが、

今回は転売も含む物販ビジネスとの比較になります。

 

物販ビジネスとの違い

 

1在庫の違い

 

 

物販ビジネスでは当然在庫を持つのでここがまず違います。

材料や商品を仕入れに行ったりする必要がありますし、

商品の写真を撮ってアップロードしたり、

売れたら梱包して出荷しなければなりません。

また、在庫を保管するスペースも必要です。

 

Amazonを使った転売では、FBAと呼ばれる

保管から注文処理、配送、返品対応までを

Amazonが代行するサービスがありますが、

こちらも当然、費用がかかります。

 

リサーチ、仕入れ、商品作成、商品掲載、在庫管理、

梱包、発送と言うように売るまでに

これだけの手順が必要になります。

 

それに比べPPCアフィリエイトは、

商品は、ASPから好きなもの商品(広告)を選び

サイト作成し、広告を出すという作業だけなので

当然在庫を抱える必要がありません。

 

 

つまり、仕入れという作業がありません

当然、リサーチは必要ですが、サイトを作成したら、

広告出稿作業をするだけで簡単に広告を出せます。

 

 

また、売れた後は何もしなくて良いので返品だったり、

クレーム対応というプラスαの手間もないのです。

 

 

さらに、在庫を抱えないということは、

赤字になるリスクがかなり低いということです。

 

 

在庫を抱えれば少なからずとも売れ残る可能性があります。

そういった商品は、安売り(赤字)してでも

売りさばかないといけないので、

そういったリスクは最低限抱えます。

 

※無在庫転売の場合はそもそも、

プラットフォームが規約違反の場合がほとんどです。

 

在庫を持つ、持たないというだけでまずこれだけの

大きな違いがあります。

 

2利益率の違い

 

 

利益とは、売上から経費を引いて残った額が利益

となるわけなので、当然多い方が良いわけです。

では、利益率の比較をしていきます。

 

 

転売の利益率は20%前後と言われています。

なぜ、これくらいの数字になるかというと、

"安く仕入れて高く売る"というだけなので、

安く仕入れられた分だけしか利益を乗せられず

常に価格競争になり多くの利益を望めないからです。

 

他よりも1円でも安く売らないといけないので、

プレミア商品以外では、大きく上げれられません。

 

物販ビジネスの場合はご自身でオリジナル商品を作り

他の商品との違いを大きく見出すことが

出来るものであれば、激しい価格競争に

巻き込まれることはないので、

利益率はそれなりに保てられると思います。

 

それに比べPPCアフィリエイトは、

個人差が大きく出ますが、

利益率が50%~80%といった感じです。

 

私自身の利益率はだいたい70%~80%ですので、

転売と比べかなり高い数値だと分かります。

 

ちなみに、SEOアフィリエイトであれば、

経費がかからないので、ほぼ100%です。

 

 

具体的に言えば、

50万円を稼ごうとすれば、

 

転売の利益率を20%とした時に、

売上が250万円必要になります。

 

PPCの利益率を70%とした場合、

売上が72万円必要になります。

 

売上額の違いは3.4倍も変わるのに利益が全く同じなのです。

3.4倍もの売上を上げるための労力・時間を考えれば、

利益率の重要さが理解できたと思います。

 

※ネットビジネス以外では、

10%~30%くらいの利益率の

商売が多いかなという感じです。

 

3必要な資金力の違い

 

 

上記の50万円を稼ぐための具体例を挙げました。

月50万円あれば、夫婦2人でも十分に暮らして

いける金額ですし、個人で稼ぐならこの辺は

目指していきたいところですよね?

 

 

ただ、もう1度よく考えてみましょう。

 

 

転売の場合は250万円の売上が必要です。

 

という事はどういう事かというと、

経費で200万円が必要なわけです。

 

 

そもそも個人が毎月200万円を支払えるのか。

月収30万円にしても、月120万円が掛かる。

という問題に加えてカードの問題も。

 

クレジットカードの限度額は、

ゴールドカードでなければ、だいたい多くて

100万円くらいなので、複数カードを作って

いないとカードの問題もあって厳しいのです。

 

薄利多売なビジネスのため、資金力を要します。

ですので、余程の資金力がないとやり繰りできない

ビジネスだと思います。

 

PPCでは、かなりの売上を上げないと経費で100万円を

超えるということがなかなかありません。

仮に超えたとしても、かなり稼いでいる頃だと思うので

余裕で支払いが可能だと思われます。

 

4税金の違い

 

 

税金面を考えた時に、

"利益が出ているなら売上が高くても低くても良い"

ということにはならないんです。

 

なぜなら、課税売上高が1,000万円を超えると

消費税を支払う義務が生じるからです。

 

では、その消費税はどれくらい支払う必要があるのか、

先ほどのからの50万円を稼ぐ際の具体例で説明しますね!

 

 

転売ビジネス:月売上250万円、年間売上3,000万円

PPCアフィリ:月売上72万円、年間売上864万円

 

この場合、

転売ビジネスは消費税の納税義務が生じますが、

PPCアフィリエイトは、納税義務がありません。

 

毎月50万円の利益は同じはずなのに、

消費税を一方は払って、一方は払わないということになります。

 

では、この場合の転売ビジネスに課される消費税は

どのくらいになるのかを計算します。

 

売上が5,000万円以下のため簡易課税制で計算します。

計算式の公式は以下になります。

 

売上×消費税率  ー(売上×消費税率)×みなし仕入れ率=納付税額

 

3,000万円×8% ー(3,000万円×8%)×80%

240万円ー192万円=48万円

 

※転売のみなし仕入れ率は小売業に該当するため80%

 

転売ビジネスの場合は48万円の消費税を、

PPCに比べ余分に支払わなければならないのです。

 

ですので、売上額が多すぎると税金の問題も

絡んできて、頑張って稼いだ割には

手元に残らないということも。

 

やっぱり税金の事も学んで

おかないと大変なことになります。

 

5自動化の違い

 

 

PPCは、広告を出せばあとは広告が24時間、

毎日働いてくれるので、売れる案件さえ

出しておけば自動化が可能です。

 

物販、転売ビジネスとなると、稼げば稼ぐほど

多忙となり、人を雇ったり外注化しないと

なかなか上記の売上額ですら、

自動化を図ろうとすれば難しいのではないかなと。

 

ましてや副業の方だと時間もないので、

この辺は非常にネックになると思います。

 

6敷居の高さの違い

 

 

同じアフィリエイトでも、資金のかからない

SEOアフィリエイトは敷居がかなり低く、

副業としてもかなり人気ではありますが、

PPCアフィリエイトとなると、資金を要する上に近年は

難易度が上がっているため参入の壁は高いです。

 

 

それに比べ、

物販、転売ビジネスはメルカリ等のフリマサイトが

年々利用者数も増え、こちらも副業としてかなり人気の

ビジネスとなっており、お小遣い稼ぎからなら誰でも

簡単に挑戦することが出来るので敷居が低いです。

 

 

つまり、何が言いたいかというと誰でも出来るビジネスなのです。

次々にライバルが増えるし、飽和状態が続くので、

常に激しい価格競争に揉まれるので厳しいのです。

 

まとめ

 

ここまでの違いを表にしてまとめてみました。

PPCアフィリエイト 物販(転売ビジネス)
在庫 無し 有り
利益率 高利益率(50~80%) 低利益率(10~20%)
資金力 少し必要 かなり必要
税金 消費税の納税義務が生にくい 消費税の納税義務が生じやすい
自動化 人を雇わず可能 外注化必要
敷居の高さ 高い 低い

 

これだけを見るとPPCアフィリエイトが全ての面で優れていますね。

転売ビジネスのモデルを否定しているわけではありません。

 

転売ビジネスは、アフィリエイトに比べ即金性に優れています。

なので、不用品販売なども同時に行えば、

短期間で素早く資金調達をすることが出来るのでおすすめです。

 

それに比べ、アフィリエイトは手元に資金が入るまでに

期間を要するため、キャッシュフローが悪いのです。

 

特にPPCは資金を要するために、資金調達としては、

不用品販売等での調達をおすすめしているくらいなので

むしろ利用するべきかなと思っております。

 

PPCで既に稼いでいて自動化出来ており、

時間が余っている人が挑戦する分には良いかなと思います。

 

 

また、物販ビジネスの場合はオリジナル商品がヒット

すればシリーズ化も出来ますし、

転売と違い資産を構築出来るので、

より長くに渡って稼げると思うので、それが出来れば

かなり強いビジネスだなと思います。

 

資産を構築出来るビジネスが良い

 

やはり、どうせ稼ぐなら利益だけでなく、

同時に資産を構築出来るものが良いですよね。

 

例えば、私のブログとかもそうです。

1度書いた記事が、今日だけでなく明日も明日以降も

何百人、何千人と読まれ続けるので、

自分が積み上げて来たものが無駄にならないのです。

 

PPCも売れる案件が資産となってくれるだけでなく、

LPをしっかり作り込まれている方なら、

サイト作成スキルも上がりますし、

広告運用スキル、マーケティング能力も上がり、

PPC以外でもネットで生き抜く力も付き資産となります。

 

 

もし、いつか自動化出来るシステムを構築したい

と考えられているのであれば、ネットビジネスをおすすめします。

 

私の今回の記事を参考にして頂いて、

どんなビジネスが自分に合うか考えてみてくださいね。

おすすめの記事