意外と盲点!?Yahoo!プロモーション広告の本人確認書類について

 

Yahoo!プロモーション広告に登録し、

アカウントを作成する際に、

意外と盲点となっているのが本人確認書類の提出になります。

 

どういう事かというと、

その本人確認書類が、人によって提出することが

厳しい場合があるのです。

では、必要な書類と共に解説していきます。

 

本人確認書類の必要性
個人によって本人確認書類を提示する必要がない場合があります。
その判断基準は謎ですが、100%必要というわけでもありません。

 

必要本人確認書類

 

事業形態をチェック

 

  • 国内に事業所のある法人
  • 国内の官公庁
  • 国内の個人事業主
  • 国外に事業所のある法人、国外の個人事業主

 

事業形態や所在地によって、提出する本人確認書類が異なります。

多くの方が、上記赤文字の国内の個人事業主に当たると思います。

(開業してなくても、この場合国内の個人事業主に該当します)

 

法人の方はこちらから➜Yahoo!プロモーション広告ガイドライン

 

本人確認提出書類①

 

以下のいずれか1点が必要

(参照:Yahoo!プロモーション広告

 

運転免許証をお持ちではない方は、

健康保険証を提示すればこの場合、OKです。

①に関しては基本的に皆さん大丈夫だと思います。

 

本人確認書類②

 

以下のいずれか1点が必要

(参照:Yahoo!プロモーション広告

 

問題は②になります。

公共料金の明細、領収書が意外とネックになるのです。

 

電気代

 

 

電気代の明細、領収書を持っていても、

その明細に、宛先の住所が県名から表記されていないと

いけないという厳しいルールがあります。

 

大手電力会社でも地域によっては、

県名が省かれていて、市からの表記の場合があります。

この場合、本人確認書類として認められないのです。

 

対策

 

電力自由化になった今、

電力会社は大手電力会社以外も選べるので、

電気代を他の電力会社と契約するのもありです。

 

ちなみに、大手電力会社より電気代は安いので

そもそも変えないメリットはないですよ!

 

ガス代

 

 

注意しなければならないのは、

ガス代の場合は"都市ガスのみ"になります。

 

プロパンガスの明細は本人確認書類とはなりません。

これは結構引っかかる人は多いかもしれません。

 

水道代

 

 

アパートやマンションの場合は、

共益費として組み込まれている場合があり、

明細がそもそもないということがあります。

 

固定電話

 

 

今のご時世、若い人だと固定電話を持っていないのが

当たり前となってきているので、若い世代の人なら

そもそも契約していないと思うので、

こちらの書類は使えません。

 

水道光熱費を使えないケース

 

アパートやマンションの場合、

大家さんがまとめて支払っている

場合がありますので、こういう時は水道光熱費を

本人確認書類として使えません。

他の書類の提出が必要になります。

 

支払いの名義が違う場合は?
例えば、ご両親(身内)が水道光熱費を支払っていて
名義もご両親のどちらかとなるケース。この場合は、身内になり苗字が一緒であれば
本人確認書類として認められます。

 

社会保険料&納税証明書

 

社会人の方であれば、こちらは市役所などで

発行が可能なので問題ありませんが、

学生さんの場合は、これもないケースがあります。

 

公共料金が大家さん管理で、学生さんの場合は、

本人確認書類②が1つも提出出来ない場合があります。

 

じゃあ、本人確認書類を出せないじゃん! 😐

という事になってしまいます。

 

対策

 

上記のケースで一人暮らしという場合は、1つ方法があります。

 

その方法とは、ご両親の所在地に今も住んでいる

という体にするということです。

 

どういう事かというと、

まず、健康保険証の住所は自由に

手書きで書き変えられることが可能なので

実家などの住所に一時的に変更します。

 

※今のご住所に戻す時も手書きで再度書けばOK

 

そして、公共料金はご両親(身内)の明細を提出すればOKです。

 

ただ、この場合もご両親などの公共料金の明細が

大家さんが管理している場合は不可能になります。

 

 

最後に、もうこれは苦肉の策になりますが、

公共料金がない場合でも、ご両親であれば、

社会保険料&納税証明書があると思いますので、

ご両親のどちらかがアカウントを作るという形であれば

作ることが可能になります。

 

ただし、場合によっては本人確認の電話の受け答えや

ご両親への説明、社会保険料&納税証明書の発行の手間

煩わしさがありますので、あまりご理解頂けない場合も

あるでしょうから正直おすすめしません。

 

まとめ

 

学生さんの場合は、本人確認書類が盲点となり、

なかなかPPCを始めることが出来ない場合もあります。

 

まず、始める前に本人確認を求められた場合に

提出出来るものがあるかを先に調べておきましょう。

おすすめの記事