PPCアフィリエイトでASPから提携解除された場合の対策

 

PPCアフィリエイトをしていて困るのは突然のASPからの提携解除通知ですよね。

決してリスティング違反をしているわけでもないのに、来る事があるのです。

順調に行っていたと思っていたら前触れなく急に恋人に振られるような感じでしょうか?(笑)

よく売れていた案件が解除された時は悲しいですよね。

 

でも、そんな時にすぐ諦めるのはもったいないです。

まだ対策があるので、これを読んですぐに実践してみましょう。

提携解除パターン

 

提携解除でもパターンが2つあるのでそちらをまず確認しましょう。

 

①即日提携解除パターン

 

ASPからメールが来た瞬間から提携解除となるパターンです。

これには要注意です。

すぐに気づかないと、広告は配信されたままなので広告費を垂れ流すことになります。

ですので、メールは数時間をおきでいいのでチェックするようにしましょう。

 

②猶予期間を与えてくれるパターン

 

「〇月〇日までは配信してもいいですけど、それ以降はダメですよ~」

というパターンです。

 

これに関してはだいたい1週間前くらいには知らせてくれるので、そこまで慌てることはないですね。

 

参考 実際にASPから送られてきたメール

 

 

△この案件は提携はしているものの、出稿はしたことない案件です。

メールの通り、一部のリスティング違反をしたアフィリエイターが原因による提携解除です。

このように、こちら側ではどうしようもない提携解除もありますが、この場合は再度申請が出来るので大丈夫です。

 

対策法

 

まず、複数のASPに登録している方であれば即対応出来る場合が多いです。

対策としては、別のASPで同じ案件がないかを調べると良いです。

 

独占案件でない限りは、だいたい見つかることが多いです。

見つかれば、ASPのアフィリエイトリンクを既に作成しているLPに貼り変えるだけでOKなので簡単です。

 

広告主の予算の都合などの問題で解除となる場合は、探してもないので悲しいですが諦めないといけませんね。

こればかりは仕方ないので、諦めて他の案件を探すようにしましょう。

 

どうしても納得いかない時は・・・

 

どうしても提携解除となった理由が分からない時は、ASPに聞いてみるといいでしょう。

手違いで提携解除されて過去の成果を否認されかけた人を聞いたことがあります。

その方は連絡して、間違いを認めてくれて取り返せたみたいです。

恐ろしい話ですが、人間がやることなので間違いの可能性もあるので、可能性にかけてみるのもありです。

 

メールは要チェックしましょう

 

私も売れていた案件が急に提携解除となってしまったことがあります。

理由としては、自分が気付かないうちにリスティング条件の変更があり、そのまま出し続けていたのでリスティング違反とされてしまったことがあります。

メールは基本的に流し見ですが見るようにしています。

しかし、どうしても毎日多くのメールが来るので見逃してしまっていたのです。

完全に凡ミスなのですが、これを機に要チェックしています。

こういう事前に防げるミスだけはしないようにしましょう。

少しでも私の経験を生かして頂ければ嬉しいと思います。

おすすめの記事