【PPCアフィリエイト終了か】Yahoo!プロモーション広告の衝撃の規約変更

 

アフィリエイト業界を震わせた衝撃の事件が起こりました。

 

Yahoo!プロモーション広告の"広告掲載基準変更"のお知らせというメールが届く。

内容を確認してみると、

 

「6/3からYahoo!ではアフィリエイトサイト(成果報酬型サイト)は掲載不可にします!」

 

という恐ろしい内容でした。

 

 

それにしても突然の規約変更と言うか、

Yahoo!というプラットフォームの終了宣告・・・

2月末の規約変更や今後は広告文に商標キーワードを

使用するのを一部制限していくのをテスト中という

段階だったので、まさかそこの過程をぶっ飛ばしての

終了宣言とは驚きましたね。

 

 

この件についてかなりの件数の問い合わせが来ており、

今回の変化について思うことをまとめました。

 

規約変更の詳細

 

「広告の有用性について」判断基準変更のお知らせ

1. 適用開始日:
2019年6月3日(月)
※日程は変更になる場合があります。

2. 概要:
<対象基準>
第2章 3.広告の有用性
(2)アービトラージサイト等、第三者のサイトへのリンクや広告が
多数掲載されているものや、広告のクリック等をさせることを主目的
としているようなもの

<変更点>
ビジネスモデルが成果報酬型サイト(アフィリエイトサイトを含む)
 およびそれと同等と判断したサイトについては、「広告のクリック等を
 させることを主目的としているもの」に該当するサイトとし、広告掲載
 不可に変更します。詳細は下記資料をご確認ください。

引用元:広告掲載基準「広告の有用性について」判断基準変更のお知らせ

 

(引用元:「広告の有用性について」審査判断基準変更

 

上記の様に本当にYahoo!でのアフィリエイトサイトの出稿は出来なくなります。

よくある質問の①と②にストレートに掲載できませんと記載されていますね。

 

こちらが公開直後の①今後はアフィリエイトサイトは掲載出来なくなるのか?

という問いに対しての回答は、「はい、掲載出来なくなります。」

 

と言うたった14文字の言葉で

"Yahoo!でのPPCアフィリエイト終了"

の現実を突きつけられたおぞましい回答だったのですが

現在は”一部サイトを除き”となっていますね。

 

 

アフィリエイトサイトかどうかを判断するのも

難しい問題ですから"一部サイトを除き"という

文章に書き替えたのかもしれません。

 

抜け道はあるのか?

 

実際に某大手企業はYahoo!でPPCアフィリエイトしています。

ですのでYahoo!が某大手企業を切るということはない思うのです。

なので、PPCアフィリエイトが完全に無くなるのことは

ないのではないかと思います。

 

 

しかし、

 

 

我々個人の弱小アフィリエイターでは

"一部サイト"として扱われる

可能性としては低いと思われます。

 

 

まだ、規約変更が始まったわけではないので

分かりませんし、抜け道を見つけたところで

いたちごっことなりそうなので、

そこを探すというのは労力が無駄かなと思います。

 

Yahoo!が規制をした背景

 

 

こちらの記事でも記載しておりますが、

偽サイト問題や昨今のフェイク広告問題もあり

Yahoo!にクリーンなイメージを持たせるためなのかもしれません。

 

Yahoo!側としてもアフィリエイターからの広告費の

収入源はかなり大きなものだったと思いますが、

イメージアップと広告審査員の人件費削減が

出来るということを天秤にかけて

決めたことなのかなと思います。

 

 

偽サイト問題などにより真面目に取り組んでいた人にも

大打撃を喰らうことになってしまいました。

 

 

例えると、一部のマナーを守らない喫煙者がいるせいで

全面禁煙となり、しっかりマナーを守っている喫煙者も

肩身が狭い思いをしているような感じでしょうか。

 

PPCだけではないアフィリエイト業界の大きな変化

 

現在、アフィリエイト業界は逆風に吹かれています。

ここの最近の変化と言えば、

 

2019年3月:大幅なコアアルゴリズム変動(SEO)

2019年5月:ChromeのCookie制限を発表

2019年6月:Yahoo!プロモーション広告規制

 

このような感じで毎月のように大きな変化が起きています。

変化に合わせて自分も変化出来るように先を見据えて

やっていかないと生き残れない厳しい世界です。

 

 

とは言え、いつまでも同じ手法では通用しないのは

どこの業界に行っても同じだとは思います。

 

全体的に逆風が強すぎますが、

私はこれまでの大きな変化に

知恵を絞り変化に適応してきましたので、

これからも常に進化し続けていきます!

 

PPCアフィリエイトはもう終わりなのか

 

結論から言うとこれで終わりではありません。

PPCアフィリエイトはYahoo!が全てではないからです。

 

GoogleでもPPCアフィリエイトは出来るので、

これで息の根が止まったわけではありません。

 

 

むしろ、Google広告を利用するメリットはかなり大きいです。

その理由は下記の画像をご覧ください。

 

検索エンジンシェア(日本国内)

 

 

国内でGoogleを利用している人は75%を超えます。

Yahoo!の4倍弱なわけですから集客力は抜群です!

 

今ではスマホユーザーは初期設定で検索エンジンは

Googleとなっていますから年々利用ユーザーは増えています。

 

 

また、Yahoo!からGoogleにプラットフォームが

変わるだけなので、作業内容もノウハウもそこまで変わりません。

なのでそこまで変化にビビることはないです。

 

ですので、Yahoo!に拘る必要もありません。

むしろ成果が伸びる確率が上がります。

 

 

ここはピンチではなく大きなチャンスだと思っております。

GoogleがダメでYahoo!に移行するならまだしも、

この条件でチャンスだと思えないようであれば

PPCアフィリエイトは断念した方が良いと思います。

 

次は、メリットだけでなくデメリットも解説していきます。

 

Google広告の問題点

その①データ面

 

Yahoo!に比べGoogleの方が様々な機能があり、

多用なデータを収集することが出来ますので

初心者にとってはより使いこなすのが大変になります。

 

またデータを収集できても分析まで出来ない人に

とっては活かしきることが出来ません。

 

その②費用対効果

 

GoogleはYahoo!に比べ入札単価が上がりやすい傾向に

あり、Yahoo!で売れている案件がGoogleでは

費用対効果が合わないなんてこともあり黒字化が

初心者にはより厳しくなります。

 

その③競合が増える

 

Yahoo!が使えないのでYahoo!1本でやってきた難民が

Googleに皆参入してくるので飽和するのも否めない。

とはいえこれを機にPPCを撤退する人も出てくるでしょう。

 

ライティングスキルが問われる

 

ぶっちゃけるとYahoo!は表現の規制が厳しすぎるの現状でした。

 

本来はアフィリエイト広告を扱う以上、

ライティングスキル、セールスライティング

という能力は必要不可欠なのです。

 

 

しかし、

 

 

表現の規制があるもので逆にそういった書き方をしたり

ユーザーにとって明らかに有益な情報を記載した

サイトを作ったり、訴求したいことを盛り込んでも

逆に審査に通らないということが起きていました。

 

 

現在のGoogleは、Yahoo!程の厳しさはないので

ライティングスキルを活かすことが可能になります。

 

 

なのでライティングスキルがある人とない人のLPでは

コンバージョン率(成約率)が大きく変わってしまいます。

 

 

広告運用スキルだけでなく、ここを磨いていかないといけません。

セールスライティングは学べば一生使えるスキルなので

日々勉強しておくべきスキルです。

 

今回の規約変更で身に染みて分かったこと

 

ネットビジネスは初期費用もあまりかからず

誰でも簡単に始められることができますし、

仮に失敗しても借金などのリスクがないのに

月100万円以上稼ぐことも出来るという

非常に魅力的なビジネスなのですが、

 

ほとんどがプラットフォームに依存している

ビジネスですのでリスク分散が絶対的に必要

なってくることです。

 

今回はYahoo!が使えなくなりましたが、

今後Googleも使えなくなる可能性は0ではありません。

 

とはいえ、Yahoo!難民がGoogleに流れ込むので

Google側としては独占でウハウハ状態だと思うので、

よっぽどのことがない限りしばらくは大丈夫だと思います。

 

リスク分散の件ですが、

PPCアフィリエイトで得たスキルは

ネットを使うビジネスでは活かせられるので、

その他のWEB広告の運用などをしてもいいですが

 

 

IT業界のように頻繁に大きな変化が起きない

ジャンルのビジネスへ展開していくのも重要だと思いました。

 

 

私はどちらかと言うと、

一つのことを極めるのが好きなタイプ

ではあるのですが、目先の利益だけを追求せずに

長期スパンで見た時にキャッシュポイントを

増やしながら稼いでいく方が資金的にも

精神的にも安定すると思うからです。

 

 

PPCがもうダメということではありません。

 

規約変更は起きましたが、SEOのように一気に

成果が吹っ飛ぶということは起きませんので、

PPCアフィリエイトが断然稼ぎやすい

という点に変わりはありません。

 

 

ですので今はPPCでガッツリ稼ぎ、

その資金で自己投資して以下の流れにする。

キャッシュポイントを増やす収入アップ自己投資

この繰り返しにより、さらに知識・ノウハウ・

経験を積めるので一つのビジネス1本でいくより

安全ですので、こういった体制でPPCに取り組むのが

ベストかなと思います。

 

そして、最強だと思うことは自分の商品を持って

PPCなりSEOなりで集客し販売していくことです。

 

実際にアフィリエイターとして活躍している人の多くは

有料noteだったりオンラインサロン、動画や音声などの

有料コンテンツなどを持っていたりしてリスク分散をしていますよね。

 

アフィリエイトの次のステージになりますが、

自社商品(サービス)を開発して販売出来るまで行けたら強いです。

最終的にはここを目指しています。

 

まとめ

 

PPCアフィリエイトはYahoo!が”完全に”使えなくなる

可能性が非常に高いがGoogle広告を使うことで、

逆に成果が伸びる可能性は上がる場合もあります。

 

また、その他WEB広告を用いて収入源を増やして

いくことも可能であります。

 

ただし、PPCだけでなくSEOなどのアップデートなどで

今後様々な変化が起きるのは容易に考えられます。

 

その変化にも常に対応出来るよう進化していかないと

いけませんが、リスク分散として他のビジネスへ

展開していき、最終的に自分の商品を販売出来る所まで

いければアフィリエイトだけでは出せない成果を

残せられる段階にいけるのでより安全に

個人で生き抜くことが出来ると思います。

 

 

まだPPCだけで生活出来るレベルまで行けていない人は

まずはとにかく実績を伸ばすことにだけ集中し、

知識と経験をしっかり積んでから、

そういう体制で行ってもらえればと思います。

 

既に生活出来るレベルに到達している人は、

上述の内容のように取り組むと良いです。

 

 

あらゆる変化しながら新しいことにどんどん挑戦し、

成長していくことで個人で生き抜けるでしょう。

 

長くなりましたがお読みいただきありがとうございました。

今回の内容でPPCやアフィリエイトへのネガティブな

イメージが払拭出来れば幸いです。

おすすめの記事